住みたい新築の家はどれ?《それぞれのメリットを伝授》

家族のためにできること

新築物件を建てる前にどのような機能があるのか調べておくと、後々満足度の高い家を完成させることができるでしょう。そうすれば、家だけでなく自分や大切な家族の生命を守ることができるようになるのです。

家を建てるときに重視したいポイント

耐震

地震大国である日本は、過去にも大きい地震が頻繁に発生しているので、できるだけ耐震の強い家を立てなければなりません。日本の技術を駆使すれば、震度6強であっても無傷でいられるものを建てられるので、業者に相談しておくべきです。

エコ

オール電化にしてしまえば、電気代しかかからないので、無駄な費用をかけなくてもよくなります。そして、太陽光発電などを取り付けることによって、更に光熱費を抑えることができるようになるでしょう。

階段

お年寄りや障がい者がいる家庭はもちろんですが、いない場合でも毎日のことになると階段は辛いものとなってきます。ですので、バリアフリー化しておくと不便さを感じることなく日々を過ごすことができるでしょう。

防犯面

一戸建てに関わらず重要なことですが、家を建てるならセキュリティー面を考えなくてはなりません。今では空き巣だけでなくストーカー被害も深刻化しているので、家族が安心して暮らせる家が必須です。

住みたい新築の家はどれ?《それぞれのメリットを伝授》

部屋

一戸建て

新築の一戸建てならのびのびと子育てをすることができるので、子供が大声を出したり、ドタドタと音を立てて歩いたりしてもトラブルになることがありません。他にも、建物を管理するための管理費や大規模修繕にかかる修繕積立金、車を止めるための駐車場代などを浮かせることが可能となっています。ですので、京都や埼玉で一軒家を検討しているのなら、新築の建築を念頭に置いておくといいでしょう。

マンション

マンションでしかも新築となると、最新設備が備わっていることが多いのがメリットと言えるでしょう。他にも、メンテナンスの時期がきても大家さんが専門業者を探してくれるので、手間がかかることがありません。京都で実際に生活をすると様々な不具合が出てくるものですが、備え付けの設備に関しては基本的に住人がする仕事はないので、動く必要はないのです。ただ、集合住宅の場合、その分共益費などの費用がかかってくるので注意しましょう。

土地から買う

京都で土地を購入すれば敷地内であれば自由に新築を設計することが可能となっています。また、土地を購入すれば当然自分の資産になるので、固定資産税以外の料金を支払う義務がありません。長い目で見れば土地を買う方が断然お得と言えるでしょう。土地付きの建売住宅もあるので、戸建てを検討しているなら選択肢に入れてみるといいですね。

新築戸建てにあったら嬉しい!人気の住宅設備

no.1

追い焚き機能付きバスタブ

足が全て浸かるほど広々した浴槽であれば、仕事や育児の疲れを取り除くことができるでしょう。そして、追い焚き機能があれば、お湯をわざわざ足さなくても温かいお風呂にいつでも入ることができるので、支持されています。

no.2

床暖房

床があたたかくなるので、こたつを出したり、ヒーターを置いたりする必要がありません。また、直接的に熱くなっている箇所に触れることもないので、子供が火傷をしたり、火事になったりする危険性を避けられます。

no.3

IHクッキングヒーター

オール電化住宅に欠かせないIHクッキングヒーター。IHであれば、鍋を置く場所が全面的に平らになっているので、掃除をしやすくなっています。そして、長時間使っていると自動的に電源OFFとなるのも魅力の一つと言えるでしょう。

広告募集中